カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS


今話題のクラフトサケ。
魅力のある多様で個性的なお酒のことを指します。
その中では、変わったラベルのデザインや
イチゴやグレープフルーツなどを
日本酒に混醸させて造られたものがあります。

このページではそんな不思議な魅力に溢れた
クラフトサケをご紹介します。

クラフトサケブリュワリー協会によると
「クラフトサケ」とは日本酒の製造技術をベースに
お米を原料に従来の「日本酒」では法的に採用できない
プロセスを取り入れた、新しいジャンルのお酒であると
定義されています。

副原料にフルーツやハーブなどを入れて
新しい味わいを醸したお酒や
日本酒を搾らずにそのまま飲む「どぶろく」も
クラフトサケの一つです。

日本酒のルールに縛られない、自由で多様なお酒。
そんなクラフトサケですが、話題となったきっかけは
低迷している日本酒酒造と関係しています。

現在の日本では日本酒の醸造許可の新規発行が
認められていないため、新規参戦が難しい環境にあります。
そのため、新しい酒造を造るには廃業もしくは
休業中の蔵元を見つけ、そこから事業を
再スタートする必要があります。

そのような環境の中、生み出されたのが、
新ジャンル日本酒ともいえる「クラフトサケ」です。
「どぶろく」や副原料にフルーツやハーブなどを入れて
「その他醸造酒」のカテゴリーのお酒として販売できます。

その製造の自由さに今話題となっています。

伝統的な日本酒とは似て非になるお酒。
これまでの日本酒にはない魅力がたっぷり詰まっているお酒です!

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~10件 (全10件)

1件~10件 (全10件)

ページトップへ