カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

三重県の地酒専門酒屋トップページ > 朝 天一 天慶 【早川酒造部 川越】




江戸時代から米穀商を営んでいた初代早川半三郎が、明治六年に現在の四日市市天カ須賀で酒造りを始めたのが当蔵の最初となります。

その創業の地の地名の「天」と天下一品の酒を目指すという初代の願いから、弊社の主力銘柄「天一」が命名されました。

また、「天慶」には愛でたく天からの賜物という意味があり、そのようなお酒でありたいと願いから名付けられています。

明治の間は創業地で酒造りを続けておりましたが酒造りの基本である品質のよい水を求めて、大正六年に現在の朝明川の辺りに蔵ごと移築し、以来百年近くにわたり、鈴鹿山脈を源流とする清流朝明川の豊富な伏流水に恵まれた当地にて日本酒を醸し続けております。

当蔵の酒造りの特徴は、お米の旨味を十分に引き出した旨酒タイプの酒造りを得意としている点であり、 山田錦をはじめとした酒造好適米をふんだんに使用して、強い麹・強い酵母を 育てることにより、 お米の成分をできるだけお酒に変えることに造りの重点をおいております。

このようにして醸されたお酒は、アミノ酸などの旨味成分を多く含み、燗に向く濃醇なコクと味を広がりを持ったものとなり、 食中酒として料理を引き立てることもできます。












商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~30件 (全30件)

1件~30件 (全30件)

ページトップへ